ボンバーマンランドで遊んだ思い出


PSにボンバーマンランドというゲームソフトがある。小学生のころよく遊んでいたソフトだ。ボンバーマンランドにはピースを集めるストーリーモード、ボンバーマンの対戦をする対戦モード、ミニゲームで遊ぶミニゲームモードがあった。どれも楽しかった。


ストーリーモードはボリュームたっぷりで、ピースをすべて集めるのにとても苦労した覚えがある。簡単なものは木にぶつかるだけでピースが手に入るけど、難しいものはミニゲームで高得点を取らないといけなかったり、ボンバーマンの対戦でボスを倒さないといけなかったりする。ストーリーモードには5つのゾーン(エリア)があり、それぞれのゾーンで25枚のピースを集めなければいけない。つまり、すべてのゾーンでピースを集めると全部で125枚になる。これがなかなか大変だった。もちろん面白かったけど、かなり大変だった記憶がある。

ストーリーでミニゲームを遊ぶと、ミニゲームモードでゲームが解放されて、よりハイスコアを目指せるようになる。特に覚えているのが、爆弾の色を識別して色分けする「爆弾工場」と、〇ボタンを連打して石像を削る「岩削り」だ。

爆弾工場はひたすらやりこんで、9990のカンストを記録した。ミスをしなければ永遠に続けられるゲームなので、時間の許す限りひたすら続けていた覚えがある。単純なゲームってなんであんなに熱中してしまうのだろう。

岩削りはいわゆる連打ゲームなのだけれど、友達と一緒に遊んでいるとき、ひたすらボタン連打している私の姿を見た友達が、なぜか爆笑していた。友達いわく「ボタンを連打するスピードが速すぎて面白い」と言っていた。私の連打の仕方は手に力を入れて指を震わせるようにして連打をするスタイルだったのだが、指をスライドさせて連打する方法しか知らなかった友達からすると、スピードの違いに驚いて面白く見えたらしい。こんなことが面白く感じるのかと不思議に思った。懐かしい思い出だ。

だけど友達とボンバーマンランドで遊ぶ機会はあまりなかったので、ひたすら1人でやりこみプレイをすることが多かった。CPU相手にボンバーマン対戦をしたり、ミニゲームでハイスコアに挑戦していた。

このゲームに入っているボンバーマン対戦のルールにサドンデスというものがあり(たぶん他のボンバーマンのゲームソフトにもはいっていると思うけど)よく遊んでいた。時間がくると上からブロックが降ってきて、対戦フィールドが端から埋め尽くされていくというものだ。埋め尽くされるパターンはいくつか種類があって、渦巻き状に埋め尽くされるものもあれば、上下から順番に埋め尽くされるものもあった。(記憶を頼りに書いているので、もしかしたらまちがっているかもしれない・・・)このルールがかなりハラハラドキドキして面白かった。

楽しい思い出が詰まっているボンバーマンランド。今遊んでも楽しめるかな。

underwatchedという単語の意味

海外のアニメに関する批評(redditとかMyAnimeListとか)を見ていたら、underwatchedという単語が出てきた。Google翻訳にかけてもアンダーウォッチとしか表示されないし、検索をかけても奇妙なYouTubeの動画が表示されるだけだし、いったい何を意味しているのだろうと思った。

調べてみるとUnderrated(過小評価されてる)についてのコメントと一緒に並んでいることが多い。

どうやら

underwatched = 見られてない

という意味で解釈するのがよさそうだ。

見ている人が少ない、知られていない、という意味みたいだ。この単語がいつ生まれたものなのかわからないけど、検索にかけてもでてこないってことは最近できた言葉なのかもしれない。

日本でも新しい言葉が日々生まれたりするけど、英語でも同じようなことがあるのかな~と思いました。

無料でとれる資格まとめ

ICTプロフィシエンシー検定試験 5級(民間資格

ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)とは、株式会社ベネッセコーポレーションが実施・運営を行っている資格検定です。年間の受験者数は約20万人、中学生から社会人まで幅広い方が受験されている検定です。「ITを活用した問題解決力」を測定するために作られました。この検定を受験することで、企業で求められている「職務遂行上の課題や問題を、自身が有する知識や技能を発揮して解決することができる能力」いわゆるICT活用スキルを伸ばすことができます。

1級~5級までの等級があり、5級は公式サイトから無料で受験することが可能です。
https://www.pken.com/tool/05_test.html



ミュージックマスター・オンライン 5級 4級(民間資格
ミュージックマスター・オンラインとは、公益財団法人音楽文化創造及び洗足学園音楽大学が運営するウェブサイトです。音楽の知識や経験を試す場として設けられています。

出題される設問は、
①さまざまな音楽様式、時代、地域、楽器等について音源を聴きながら答えるもの
②音楽の構成要素や構造などを聴き取り、基礎的な音楽理論と結びつけて答えるもの
③音楽の一般知識に関するもの
に分けられています。楽器の演奏ができなくても回答可能な問題になっています。

公式サイトからメールアドレスを登録してログインすると、検定を受験することが可能です。
https://mmo.senzoku-online.jp/index.html



色彩士検定 4級(民間資格

色彩士検定とは、全国美術デザイン教育振興会(略称ADECアデック)が教育事業の一環として平成9年に立ち上げた検定です。色彩についての基礎から応用まで幅広い知識と技能が身に付いているかを問うものです。色彩について学んでいる人、デザイナーやアーティスト等を目指す人、また広く色彩について興味をもつ人にオススメです。


色彩士検定4級は、3級以上の検定試験の入門編的な要素を含んでいます。色彩に興味を持って自分の知識を試したい、色彩士検定についてもっと知りたい人は受験してみるといいです。

色彩士検定4級は、公式サイトから無料で受験することができます。
http://www.colormaster.jp/rank4/test.cgi



ビジネス実務与信管理検定 3級(民間資格

ビジネス実務与信管理検定試験は、リスク管理情報研究所が運営する与信管理の実務技能を認定する技能検定試験です。ビジネスパーソンとして業務上理解しておくべき基礎的な与信管理知識、リスクの発見と評価能力、一般的なリスクマネジメントの手法についての理解を問う試験内容で、1-3年程度の業務経験を有する審査部門ご担当者及び一般の社会人の方を対象とした資格試験です。

ビジネス実務与信管理検定3級は、与信管理の必要性や目的を理解し、与信管理に関する用語が分かるレベルの知識が求められます。

公式サイトからメールアドレスを登録してログインすると、検定を受験することが可能です。
http://www.rmiri.co.jp/exam/basic/process.html



日本化粧品検定 3級(民間資格

日本化粧品検定は、日本化粧品検定協会が運営する化粧品のスペシャリストを育成する検定です。1級、2級、3級と3種類の検定試験があり、各級それぞれ目的に合わせた正しい化粧品の知識が問われます。受験者の約7割は化粧品・美容関連業界で占めており、仕事に直結した資格として支持されています。化粧品メーカーをはじめ、OEM、小売業、美容院、エステ、ネイルサロンなど、多くの企業で社員教育として日本化粧品検定が導入されています。

日本化粧品検定3級は、コスメの常識を知りキレイになることを目的とし、間違えがちな化粧品や美容の知識を問います。今日からすぐに実践できる美容の知識を学習することで、日々のスキンケアやお化粧時に思っていた素朴な疑問も解消できます。

受験お申込みフォームから申し込みを行うと、検定を受験することが可能です。
https://cosme-ken.org/thirdclass/



姿勢診断士 5級(民間資格

姿勢診断士とは、日本姿勢検定協会が主催する姿勢検定試験を受験し合格することにより得られる資格です。「姿勢科学」「姿勢工学」「姿勢医学」を学び、正しい知識と技能を併せ持つ人材を育成することを目的として設立されました。人体においての正しい姿勢の知識と診断のためのスキルを学んだ上で、的確な姿勢診断を行い、人々が正しい姿勢で健康な毎日を送れるようにアドバイスを行うスペシャリストです。

新規登録フォームから申し込みを行い、公式サイトへログインすると検定を受験することが可能です。
http://www.sisei.or.jp/register/



株を始めたら1週間で―20%になった

はじまり

2018年の1月の終わりごろ、人生で初めて株を買いました。
株を始めてみようとは前々から思っていたのですが、なかなか決心がつかなくて、やっと始める気になったのがこの時期でした。

ちょうどその頃は仮想通貨バブルが起きていて、世間は仮想通貨が気になって仕方ないというような雰囲気でした。

いつまで上がるのか。
どこまで上がるのか。
いつ下がるのか。
今から買っても儲かるのか。
どうやって買えばいいのか。

私も仮想通貨に興味を持っていたので、いくつかのサイトで口座を開設しました。ただ、仮想通貨は年末から下がり続けていたので結局買いませんでした。その代わりに株を買うことにしました。


株を買うまで

初めは何を買えばいいのかわからなかったので、とりあえずネットで株取引に必要な知識を勉強しました。
ファンダメンタル分析テクニカル分析、いろいろな手法があるんだな~と気楽に学んでいました。株取引に関係するサイトは大量にあったので、知識や情報が少なくてわからないというよりも、情報がありすぎて取捨選択をどうすればいいのかわからないという心境でした。
ゴールデンクロスとか、トレンドラインとか、サイコロジカルラインとか、多すぎてよくわからない…。
どうやって活用すればいいんだ…どうやって計算すればいいんだ…何をどう見ればいいんだ…?

初めはチャートを見て、これは線が引けるのか引けないのかどうなんだ?とかやっていましたが、証券会社のチャートって、ログインすれば勝手に線を引いてくれるんですよね。それを知ったときは今までの苦労は何だったんだ…と思いました。

買いサインとか売りサインの銘柄をランキングで表示しているサイトや、出来高ランキングとか、空売りランキングとか、変動ランキングとか、、、便利なサイトは探せばいくらでもあるので、自分で計算する必要はまったくありませんでした。ほしいデータはネット上にだいたいあります。ただ、リアルタイムの変動を見ようとするとお金が必要だったりします。

最終的には、ツイッターで株をやっている人たちのつぶやきを参考にして、株を買いました。使えるお金があまりなかったので、安く買える株だけ(低位株)をいくつか買いました。

買った後

買った初日、いきなり-5%になりました。でも、株価は毎日変動するし、初日がダメでもなんとかなるだろうと、ポジティブに考えていました。

次の日もマイナスでした。その次の日もマイナスでした。しかし、とりあえずやってみなければわからないので、やりながら覚えていこうと思っていました。まだ初めたばかりだし、株価が多少下がっても勉強料のつもりで受け止めようと、のんきに構えていました。

しかしそのすぐ後、あることが起きました。

アメリカ発世界同時株安です。

2月5日、ダウ平均株価が過去最大の値下がり幅を記録しました。

ダウ平均株価は2月5日、1日の下げ幅としては過去最大の1175ドル下落。これを受けて東京株式市場でも、翌6日に1071円値下がりしました。


この数日前から、なんか危ない気配があると、株をしているツイッタラーの方々が警告していましたが、よくわかっていませんでした。私が初日で―5%になったのも、この株安につながる一連の流れだったようでした。


2月6日、これ以上持っていても下がるだけだろうと判断して、-20%で持っている株をすべて売りました。初めて株を買ってから1週間の出来事でした。かなりへこみました。勉強料にしては高過ぎました。

さらにショックだったのが、翌日売った株すべてが値上がりしていました。株とはこういうものなのか、、、ということを思い知りました。洗礼を受けるとはまさにこういうことを言うのですね。。。

さいごに

一応それからも株を続けてみたのですが、しばらくの間利益がでず損失ばかりでした。。。利益を初めて出せたのはそれから2週間後でした。。。長かった。。。初めて利益を出せたときは、嬉しいというよりもホッとした気分でした。株で利益を出すことは不可能ではなかったんだ、と安堵しました。

今も株は続けていますが、-20%の損失は未だに取り返せていません。厳しい世界ですね。

皆さんは、株を買う時は世界経済の動きを把握してから買いましょう。経済の流れには勝てません。景気のいいときに買って売って、景気の悪いときには株を買わないようにしましょう。

1週間で―20%になった初心者からのアドバイスでした。

論文 アメリカ人男性と女性の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を24年調べた:3つのコホート研究による分析

Changes in Intake of Fruits and Vegetables and Weight Change in United States Men and Women Followed for Up to 24 Years: Analysis from Three Prospective Cohort Studies.
Bertoia ML, Mukamal KJ, Cahill LE, Hou T, Ludwig DS, Mozaffarian D, Willett WC, Hu FB, Rimm EB.

PLoS Med. 2015 Sep 22;12(9):e1001878. doi: 10.1371/journal.pmed.1001878. eCollection 2015 Sep.





アメリカ人男性と女性の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を24年調べた:3つのコホート研究による分析



www.ncbi.nlm.nih.gov




背景

現在の食事のガイドラインは、様々な果物と野菜を摂取することを勧めています。しかし、栄養成分に基づけば、ある特定の果物や野菜においては、健康的な体重の達成と維持に多かれ少なかれ有益でしょう。私たちは、繊維含有量の高い低グリセミック負荷の果物と野菜をより多く消費することは、健康的な体重とより強く関係があると仮定した。


検証方法と発見

私たちは、アメリカ人男性と女性合計133,468人に対して、大規模な3つの前向きコホート研究による、特定の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を調査した。1986年から2010年まで、これらの関係は、複数の4年間以内の間隔で調査し、同時にそれ以外のライフスタイルの変化である、身体活動と喫煙状況とダイエットという他の要素も調査した。結果は、ランダム効果メタ分析を用いて結合した。果物の摂取量の増加は、4年間の体重変化と反比例の関係が見られた。果物全体で、1日当たり-0.53ポンド(95% CI -0.61, -0.44)、ベリー系-1.11ポンド(95% CI -1.45, -0.78)、リンゴ/梨-1.24ポンド(95% CI -1.62, -0.86)。いくつかの野菜の摂取量の増加は、体重変化と反比例の関係が見られた。野菜全体で、1日当たり-0.25ポンド(95% CI -0.35, -0.14)、豆腐/大豆-2.47ポンド (95% CI, -3.09 to -1.85 lb)、カリフラワー-1.37ポンド (95% CI -2.27, -0.47)。一方、とうもろこし、えんどう豆、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜は、体重を増加させた。繊維含有量の高い低グリセミック負荷の野菜は、繊維含有量の低い高グリセミック負荷の野菜と比べて、体重変化と強い反比例の関係が見られた(p < 0.0001)。私たちの分析で、カギとなる交絡因子の測定をしたが、残りの交絡因子の可能性を除外できず、私たちの食べ物は詳しいポーションサイズの質問を頻出させているが、ダイエットに関するいくつかの測定方法は測定誤差を含んでいる。


結論

果物とでんぷん質でない野菜の消費量の増加は、体重変化に反比例し、これらの食品の他の特性が体重変化に大きく影響することを示している。
















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ
( っ・∀・)≡⊃ ゚∀゚)・∵.
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村