りびんぐるーむ

やる気が来い

「知能はどこから生まれるのか? 」大須賀 公一 を読んだ感想

大阪大学の先生をしている著者が「知能とはどういうものか?」という疑問について答えた本です。

この本は「環境こそが知能の源泉である」という主張について書かれています。それがこの本の内容の全てです。

ただし「本書で述べている知能はあくまでも源泉であり知能全体ではない」とも言っています。

つまりこの本は「知能の源泉は環境である」と言っているだけの本です。それ以上でもそれ以下でもありません。






本には、著者のこれまでの研究や、携わってきたプロジェクト、作ってきたロボット、制御工学の基本などが書かれています。「知能の源泉は環境である」という主張を裏付けるための補足的な説明をひたすらしています。


「知能を感じる条件は、適度な予測不可能性である」
「知能があるから知能を感じる」のではなく「知能を感じるから知能の存在を確信する」


などの様々な主張を統合した結果「知能の源泉は環境である」という結論を導いています。





本を読んだ感想は、なんかざっくりしているというかふわっとした内容の本だなぁ・・・でした。

著者も本の中で

今回私がたどり着いた結論「知能の源泉は環境にある」は、非常にシンプルで「はい?たったそれだけですか?」というようなものであるが~

と語っています。書いた本人もあっさりした結論になっていると思っているようです。

ただし

これまで行ってきた研究はすべてこの結論を出すための準備だったと実感する

とも述べているので、著者としてはこの結論は長い年月をかけた研究の集大成でとても満足しているようです。


長い年月をかけた結論としてはとてもあっさりしていますが、私は内容としては納得できました。長い年月をかけて導き出した結論が複雑なものであるとは限りませんからね。

著者の研究に関しての失敗談や成功談は読んでいて興味深く面白かったです。

ただ、読む価値のある本かと聞かれるとちょっと微妙かな・・・と思いました。結論があまりにもシンプル過ぎて特徴がなさすぎる気がしました。研究のこまごました話もあまり詳細に書かれておらず、さらっと触れる程度のものが多かったので、深い話が読みたい私には消化不良でした。

つまらなかった訳ではないですが、期待していたほど面白い内容ではなかったです。本のタイトルが壮大な割には小さくまとまった内容でした。ちょっと残念です。

まあまあな本でした。




VA-11 Hall-Aをプレイした感想

VA-11 Hall-A(通称ヴァルハラ)はベネズエラのSukeban Gamesというゲーム会社が開発したアドベンチャーゲームです。PCまたはPSVitaでプレイすることができます。


ゲームの内容は、主人公のジルを操作してお客へカクテルを提供するバーテンダーゲームです。提供するカクテルの種類によってストーリーが分岐するようになっています。基本的には文章を読むだけのノベルゲームに近くて、カクテルを提供するバーテンダー要素は付属だと感じました。



ゲームは面白かったです。

このゲームのサイバーパンクの世界観と個性の強い登場人物達の織り成すストーリーに、心地よく浸ることができました。技術革新が進んだ貧富の差が激しい世界で、カクテルとお客と主人公の人生を味わいながら、ゆったりじっくり遊ぶことができました。

私はお酒が飲めないので、遊びながらお酒を飲むことはしませんでしたが、このゲームの紹介文にはお酒を飲みながらプレイすることが推奨されています。たしかにお酒をのみながらのんびりと遊べるゲームだと思いました。お酒を飲みながらプレイすると、シラフとはまた違った面白さを味わえるかもしれません。

このゲームの良さはなんといっても雰囲気です。落ち着いた雰囲気のバーで、個性的な人と人とが交わる独特な世界観がとても居心地良いです。特にはアップテンポな雰囲気になることもありますが、基本的には暗めの雰囲気で、様々なバックグラウンドを持った人々と交流します。

初めは主人公のジルの経歴も不明なのですが、ストーリーを進めていくうちに解明されていきます。その会話の中から解き明かされていく、主人公の人生だったり、この世界の状況だったり、お客の人には言えない本音だったりが、とてもよく作りこまれていて早くストーリーを読み進めたくなります。


このゲームは15時間程度で全てのストーリーを読むことができるので、比較的お手軽に遊ぶことができます。まず最初は何の知識も入れないままプレイして、2週目から攻略方法を読みながらプレイするのが良いと思います。

全ての実績を解除するにはシューティングゲームをクリアする必要があるので少し難しいですが、それ以外の実勢は緩めに作られているので、15時間あれば十分このゲームを堪能できます。(ちなみに私はシューティングゲームの実績だけがクリアできていません・・・。悔しい・・・。)


このゲームはあまり万人受けする内容ではないかもしれません(少なくとも子供向けではないです)が、お酒を飲むことが好きな大人や、人生の悲哀や哀愁を感じたいプレイヤーにとっては楽しめるゲームになっていると思います。


人生で1度はプレイしてみるといいかもしれませんね。


VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)

クラウドワークスで仕事をしてみた【時給】【労働時間】

在宅ワークのサイトとして有名なクラウドワークスで、簡単なタスク系の仕事を1週間こなしてみました。











労働時間


労働時間は内容によって異なり、早いものであれば1分以内、長いものは30分くらいかかりました。感想を書くだけのものだと数分あれば終わりますが、長めのアンケートに答えるものだと時間がかかりました。


仕事内容


仕事内容はアンケートに回答するものが1番多く、「新商品に関して感想をお願いします」とか、「ウェブサイトを見て感想を教えてください」とかありました。中には「あなたの心のとらえ方に関する調査」という大学が調査している心理学のアンケートもありました。大学の研究でアンケートをとるためにクラウドワークスを利用するケースもあるようです。私は3つくらい大学からのアンケートに答えました。


次に企業などのデータを入力する作業が多かったです。電話番号とか利用料金を検索してきてGoogleスプレッドシートに書き込んでいく作業でした。書き込む内容はネットで検索すれば出てくるものなので、すぐにできるものでした。本当にすぐ終わりました。めちゃ簡単。


他にも、ゲームをプレイしてレビューを書くもの、、本の感想を書くもの、映画の感想を書くもの、元の文章を読んで内容をリライトするもの、ツイッターのキャンペーンをリツイートするものもありました。


最も変わっていると思ったのが「画像に関する質問に答える」というもので、お酒の画像が表示されて、ひたすら種類を選別してくというものでした。作業していて、心が無になりました。お酒の種類ってたくさんあるんだな~と思いました。(お酒と一緒に人が写っているものがあり、肖像権的にマズいのでは…と思いました。)


金額

作業による報酬金額は様々で、安いものは1円、高いものは100円くらいでした。だいたい簡単な作業は10円以下のものが多いです。まぁすぐ終わりますからね、安いのは仕方ないです。大学が実施しているアンケートは比較的高単価のものが多かったように思いました。あと、時間が長くかかるものほど金額は高めに設定されていました。


1週間の合計報酬金額は614円でした。作業をしたけれどまだ支払われていないものもあるので、これより数十円高い金額が実際の1週間の報酬になります。


時給

時給はおそらく、30円くらいです。作業時間自体は短いのでこれより多い可能性もありますが、仕事を探すために検索する時間が必要なので「作業している時間+仕事を探す時間=労働時間」だと考えると、これくらいになると思いました。破格の安さですね。


やはり、まとまった金額で報酬を得たいなら、個別の案件(単価が5000円とかの多くの作業を1度にまとめて依頼してある仕事)を引き受けなければいけないと思いました。小さな金額の仕事で数をこなしていても、報酬は増えないですね。


感想

最初の頃は何をしているのかよくわからないまま作業をしていましたが、1週間もするとだいたい何をすればいいのかよくわかるようになりました。クライアントがどういう考えで依頼を出されて、クラウドワーカーにどんな方々がいらっしゃるのか、なんとなくわかってきました。

パソコンで作業をしていると、画面の向こうに人がいることを忘れてしまいがちですが、自分は仕事を依頼されて仕事を引き受けているんだという意識をしっかりもたなくてはいけないと思いました。パソコンをずっと見続けているので、ゲームをしているような感覚になってしまいますが、しっかりと気を引き締めて仕事はしなければいけないと思いました。



フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」 書評


インプレス株主優待で手に入れて読みました。


著者はフリーランスで活躍されているイラストレーターで、これまでどのようにフリーランスとして独立して生活ができるようになったかを、マンガで描いた内容になっています。


内容はとても面白かったです。


著者の人生がコミカルに描かれていて、主人公に感情移入しながら進めていける冒険RPGのようなハラハラドキドキ感を味わえました。


ストーリーは、著者が給料が低くて仕事のモチベーションも低い会社に不満を抱くところから始まります。そこからフリーランスへのあこがれを抱き、尊敬するフリーランスの先輩にアポなしで会いに行きます。(アポも取らないでいきなり飛行機を手配して直接会いに行くのはとんでもなく行動力があってすごいなと思う反面、突然こんな人が自宅に押し掛けてきたらすごい迷惑だろうな・・・とも思いました。)


アポなしで会いに行った相手(初対面)と2時間後には温泉に入りお茶を酌み交わし、その勢いのまま会社を退職します。(これもすごい行動力があるなと思う反面、そんなんで大丈夫なのか・・・?と不安になりました。)


案の定仕事が来ず、著者は仕事のスタイルを変えることになります。


ここで強調されているのが「営業の大切さ」です。


フリーランスになったら営業はとても重要で「仕事は来ないときは営業をしなさい」と著者は本の中で言っています。


「直接のアポや持ち込みは迷惑」と考えて営業をためらうケースが多いですが、多くの編集者やデザイン事務所等のクライアントに聞いてみると「基本的にはイラストレーターに限らず業務提携可能なフリーランサーの営業は歓迎している」という回答がほとんどです。


本の中で著者は、自分の絵柄に合うような雑誌を書店で探して、その連絡先をメモしてひたすらアポを取っていたようですが、最近はネットがあるので、ネット上でアポを取りつける形のものも多いのではないかと思います。


その後営業がうまくいき、著者は会社員時代よりも高い給料を得られるようになります。すごいサクセスストーリーですね!


その後も様々な失敗や経験を経て、フリーランスとして生活していくのですが、そのストーリーもとても面白く、参考になることもあったり、登場人物にむかつくこともあったり、著者の失敗体験にこちらも落ち込んでしまったり、、、読んでいて感情移入しやすい作品になっていました。


フリーランスとして独立したいと思っている方は、読んでいて参考になることが多い内容になっていますし、フリーランスとは関係ない方でも読んでいて楽しめる内容になっていると思いました。勉強にもなるし楽しめるし、一石二鳥の本でした。


文章が少なめのマンガで、読みやすく面白い本でした。読んでよかったです。



心をえぐるマンガ 専門学校JK

なんだかやる気が出ない…後でやろう…ギリギリまでゲームしよう…


こんな考えになることが誰しもあるだろう。ただ、こんなことばかりしていては、まったく成長しないダメ人間になってしまう。


専門学校JKは、そんなダメ人間をかわいいキャラクターで描いたマンガだ。



著者が代々木アニメーション学院(代アニ)に通っていた経験をもとにその内情を描いているのだが、これがとてもえぐい。


代アニに通う専門学校生のどうしようもない部分を、こちらが恥ずかしくなるくらいさらけ出している。



今日から頑張ると言って何もしない

毎日絵を描くという目標を立てて描かない

入学してすぐに夢をあきらめる






代アニは、声優タレント科、アニメーター科、イラスト科、マンガ科など多数のコースがあり、高校卒業資格を得られる高等部もある。このマンガのストーリーは、主人公の大宮はるこが高等部のイラスト科に入学するところから始まる。

入学の日に「今日から毎日絵を描くぞー!」という誓いを立てる。しかし、描かない。声高らかに宣言したのに、書かない。典型的なダメ人間である。「どうしたら絵で人に感動を与えられるのかを考えてたから描かなかった。」と言い出す始末。どうしようもない。

しかしこれは主人公だけでなく、代アニに通う学生の多くに当てはまるらしい。

「今日から頑張るぞー!」と言って、ゲームで遊ぶ。声優を目指すために代アニに入ったものの、なんか違う…と思って入学後すぐに転科する。転科したあとも、 なんか違う…と思って転科を繰り返す。さらに、なんか違う…と思って転科を繰り返し続けて、目的を見失う。全員ではないものの、一定数いるらしい。

さらに


夢や目標もなくフワッと代アニに入学する


者もいるらしく、何のために専門学校へ通っているのか意味が分からない。完全にモラトリアム期間を引き延ばしたいだけである。

さらに


実力が低すぎる学生は現実を知るレベルにさえたどりつけないので自信に満ちあふれている



これはもはやどしようもない。治療の余地もない。教育の失敗である。



だが、このような人を見てみなさんはどう思うだろうか。わが身を振り返ってみると、同じような考えをしていることはないだろうか。誰しも楽して生きて行きたいし、嫌なことからは逃げたい。頑張ろうと思っても頑張らずに、現実逃避ばかりしてしまうことはないだろうか。

他人のことを笑っていたら、気が付けば自分の心がえぐられている。専門学校JKはそんなマンガである。


単純な読み物として楽しむのもよし、専門学校の内情を調べるために読むのもよし、自らを戒めるために読むのもよし、、、

とても面白いマンガでした。


















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ
( っ・∀・)≡⊃ ゚∀゚)・∵.
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村