未来型国家エストニアの挑戦  ラウルアリキヴィ 前田陽二

気になった部分を適当にまとめます。




エストニアのICT構築に対する国家予算は年間70億円程度で、日本の予算と比べると1%に満たないが、電子政府の利用においてはるかに先に進んでいる。

エストニアの人口は日本の100分の一くらいなので、予算の比較だけでは意味がないと思いました。価値観なども違うでしょうし。もっと細かい比較が知りたかった。


インターネットの利用は電気や水道の利用と同様に国民の基本的権利とされ、公共施設はもちろんのこと、喫茶店やマーケット、ガソリンスタンドでも無線LANでインターネットを利用することができる。

これは便利ですね。



エストニアでは僻地は別として12年間同じ校舎に通う。いわば小中高一貫教育で、中学や高校受験がないかわりに小学校受験がある。住んでいる学区の中でも人気に差があるため、簡単な入学試験が行われる。

高校卒業者の進学率は75%でそのうちの66%は大学へ、残り33%は専門学校などに進む。

いじめなど起きたときに、どう対処しているのか気になりました。12年間も同じ校舎に通うのは、人によってはとても苦痛だと思います。例えば、小学校低学年で変なあだ名をつけられたら、高校卒業までそのあだ名で生活しなければいけないということですよね…。つらい…。


法律で大統領や首相の給与は国民の平均所得の4倍以下に、議員の給与はその0.65倍に抑えられている。

外国は政治家の給料が低いですね。


モバイルIDは電子認証と電子署名のための手段であり、eIDカードと同様に電子署名用証明書と電子認証証明書の2種の証明書と秘密鍵が携帯電話のSIMカードに保管される。

eIDカードは政府が保有する個人のデータベースの鍵の機能を持っているだけで、鍵そのものにはデータが含まれているわけではない。

確か1番普及している暗号化の方法ですね。なんか大学で習った気がするけど、どんなものだったか忘れてしまいました。


「世界的に最も知られているエストニアの会社は?」と聞かれれば、まずSkype社があげられるだろう。現在はルクセンブルグに本社があり、マイクロソフトが所有しているにもかかわらず。

Skypeエストニアで開発されていたことを初めて知りました。IT系の開発で言えばイスラエルもすごいらしいですね。



現在、130万人のエストニアの人口の内、約30万人がインターネットを利用することができない。16歳から74歳の市民の約18%がインターネットを使用する方法がわからないし、必要なスキルを持っていない。これらの人々は、低所得と低教育レベルの人々、あるいは高齢者である。

これは意外でした。エストニアでは、ディジタルディバイドの問題は解決していると勝手に思っていました。18%の人々は社会から取り残されてしまっているようです。いったいどうやって生活しているのでしょうか?気になります。




感想

エストニアの全人口の約18%が、インターネットの使用方法がわからないというのは驚きでした。気になって日本のデータを調べてみたら、同じような結果がでてきて、さらに驚きました。

情報通信白書 for Kids:インターネットの世界:インターネットの統計:日本のインターネット利用者数



情報にアクセスできる人とできない人では、人生に大きな差が生まれます。情報を得ないほうが幸せという場合もあるでしょうけれど、役所がIT化された世界でインターネットを使えないというのはさすがに厳しいと思います。



今の日本でも、知識がないために、役所からもらえる給付金や減税などの処置を受けることができない人がいます。それを考えると、IT化しようがしまいが、国の制度の恩恵を受けることができない人が必ず発生して、必ず格差が生じるのでしょう。

でも、IT化によってその差を縮めることは可能だと思うので、日本の役所ももっとIT化していってほしいです。



マイナンバーってほんと何の役に立ってるのか疑問、なんで役所で身分証明書とマイナンバーカードを一緒に提出しないといけないんだ…早くなんとかしてくれ…


2017年に読んだ本を適当にまとめる

お嬢さまことば速修講座


お嬢様が使う言葉を学べる本です。ブログやツイッターで書くためのネタを考えるのに使えるかもしれません。



失われた名前 サルとともに生きた少女の真実の物語


サルに育てられた女性の昔話です。本当なのか嘘なのかはわかりませんが、とても衝撃的な内容でした。



死にカタログ


世界中の人々が、死についてどういうとらえ方をしているのかをまとめた本です。個人的に、チベット密教の「死後は鳥にのって天国へいく」という考え方が気に入りました。私も死んだときはそうなってほしいです。



誰も調べなかった日本文化史


読み物として面白かったです。



道徳感情はなぜ人を誤らせるのか


タイトルと内容が一致していませんでしたが、ノンフィクション本として面白かったです。



空想世界構築教典 増補改訂完全版


ファンタジーの辞書。ファンタジー系のゲームや小説、アニメ、マンガなどの作品を作りたいと思っている方におすすめの本です。



ゲンロン4 現代日本の批評III


この本の内容云々よりも、この本の内容をまとめたブログ記事をツイッターでつぶやいたら、著者に引用リツイートされたことがとても印象に残りました。正直ビビった。



歯はみがいてはいけない


歯はみがいてはいけないと言っていますが、寝る前は必ず磨かなければいけません。注意しましょう。



自殺のない社会へ


回帰分析を用いて自殺対策を考えた本です。災害が起こると社会的なつながりが強化されて自殺率が減少するというのが興味深かったです。



爆発的進化論 1%の奇跡がヒトを作った


恐竜は絶滅していないという事実をこの本で初めて知りました。



文明としての江戸システム 日本の歴史19


とても内容の濃い本でした。



限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?


読みにくい本でした。



夜は短し歩けよ乙女


面白かったです。最近映画化されました。



イデオロギーの崇高な対象


真の犠牲とは犠牲のための犠牲である。



現代語訳 般若心経


読みやすい本でした。



ニートがひらく幸福社会ニッポン―「進化系人類」が働き方・生き方を変える


ニートのための本でした。ニートはこの本を読むべき。



人生に生きる価値はない


面白かったですけど、著者の意見にはあまり共感できませんでした。



少女は卒業しない


つまらなかった…。



微分積分 微分


意外と面白かった。



微分積分 積分


微分が面白かったら、積分も面白い。



感覚のふしぎシリーズ第2回 色覚のしくみ


面白かったですけど、興味のない人にはつまらない内容だと思います。



現代訳論語


kindleで無料で読めます。



堂々と逃げる技術


著者の気持ちは伝わってきましたけど、あまり面白くありませんでした。



時をかけるゆとり


意外と面白かったです。



チア男子!!


つまらなくはないけど、面白くもないかな、という印象でした。



「子供のために」を疑う 10代の子供を伸ばす7つの知恵


ニートのための本です。



もういちど生まれる


とても面白かったです。とても好きです。2017年ベスト本でした。



地下室の手記


面白かったです。主人公がとても印象深く残りました。



ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告


知識がなさすぎてまったくわからなかった…。



Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門


良い本でした。



UnityではじめるC# 基礎編


良い本でした。勉強になりました。



なぜ人はゲームにハマるのか


拡張身体という概念をこれで知りました。



世界地図の下書き


面白かったです。



ネガポ辞典


女子高生が作って有名になった辞典を本にしたものです。



Game Programming Patterns ソフトウェア開発の問題解決メニュー


ほとんど読んでいません。ごめんなさい。



武道館


面白かったけど、内容が浅い印象を受けました。



星やどりの声


面白かったです。家族愛。



火花


終盤の妙なバッドエンドが面白かったです。



スペードの3


2017年で2番目に面白かったです。



ままならないから私とあなた


面白かったですけど、なんとなく好きではないです。



ゲームプランナー集中講座


面白かったですけど、内容を忘れてしまいました…。



イデア大全


面白かったです。時々読み返してます。



自作ゲーライフ


とても面白かったです。ゲームを作りたいと考えている方に向いている本です。



ゲームを動かす発想と技術


格闘ゲームを作りたい方にオススメです。



都市と地方をかきまぜる


「はじめに」の文章が素晴らしかったです。内容は微妙でした。



座り方を変えれば、身体の疲れがイッキに取れる!


読む必要ないです。



論語の本


論語の勉強になる本です。



脳・心・人工知能


面白かったです。専門的な内容が多くて難しいところもありましたが、ブルーバックスだと普通だと思います。



ゲンロン0


面白かったです。読みやすかった。



なるほどデザイン


良い本でした。



デザイン入門教室


良い本でした。



ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング


画像の処理部分で挫折してしまいました…。



色の辞典


安かった。



暗号解読



面白かったです。でも少し難しかった。



闇ウェブ


シルクロードという闇サイトの存在をこの本で知りました。



人工知能は人間を超えるか


とても面白かったです。YouTubeにある著者の動画も見るとなお良い。



ダムの科学


面白かったです。カラーで見やすかった。



ナイフ


面白かったです。いじめの本です。



とんび


面白かったです。



天使とは何か


宗教の知識がないので、まったく理解できなかった…。



夏と花火と私の死体


面白かったです。衝撃のデビュー作。



くたばれPTA


あまり面白くなかった…。



憲法主義


とてもわかりやすくて勉強になる本でした。2017年で3番目に面白かったです。



発電工学


内容はほとんど理解していませんが、やっぱり原子力が主要なのだなという印象を受けました。



STEP精神科


勉強になりました。



マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門


99円だったので、買ってみました。マンガなので読みやすく、内容もわかりやすくて役に立ちました。











2018年はどれくらい本を読むだろうか…。良い年になってほしい。ファビュラス。
f:id:gowalk:20171214223817j:plain

最近読んで面白かった本 2017/08

個別に感想を書くほどではないけれど、面白いと感じた本を雑にまとめます。



自作ゲーライフ


1人でゲーム開発したい方向けのアドバイス本です。「現実的ダウンロード数でマネタイズ」することを目標としていて、とても参考になりました。ゲーム開発に興味のない方でも、個人でゲーム開発をしている人が何を考えてどんな生活をしているかを知ることができるので、業界研究本・日記として楽しめると思います。特に、チートに対する対応策がとても興味深かったです。そんな方法をとっているのか!と驚きました。


感覚のふしぎシリーズ第2回 色覚のしくみ


約10ページしかなく図も多いので、全体的に薄い本ですが、目がどのようにして色を感じ取っているのかを分かりやすく学ぶことができます。よく言えば「色覚のしくみ」に特化した内容、悪く言えば「色覚のしくみ」以外の話をまったくしていない内容になっています。私は、この内容に非常に興味があったのでとても勉強になりました。


都市と地方をかきまぜる


内容自体はあまり良いものだと思いませんでしたが、「はじめに」の部分は、私が今まで読んだ本の中で最も面白い文章だと感じました。「はじめに」の部分だけでも読む価値があると思います。私はこの本の「はじめに」の文章の書き方・表現の仕方・興味の引かせ方に衝撃を受けました。引き込まれる文章歴代No.1です。


脳・心・人工知能


数理脳科学者の世界的権威が書いた人工知能に関する本です。脳を再現するとはどういうことなのか、脳を紐解く数理の技術、心とは何なのか、パーセプトロン、強化学習、ヘブ学習、シンギュラリティなどなど専門的な内容が書かれています。正直難しくてあまり理解できていませんが、「脳を再現する知識」を得るにはとても良い本だと思いました。


暗号解読(上)(下)


暗号の歴史について書かれた本です。数学が多く出てくる内容でしたが、歴史の読み物としても読めると思いました。クリプトグラフィー、ヴィジュネル暗号、エニグマ公開鍵暗号方式、どのように暗号が利用され解読され改良されてきたのか丁寧に解説してあります。ボリュームたっぷりでした。


闇ウェブ


シルクロード」というサイバー闇市場の創設者ウルブリヒトの逮捕劇について書かれた本です。サイバー闇市場がどのようなものなのかざっくり知ることができました。


ダムの科学


基礎的なダムの知識を得ることができます。ダムに興味のある方は、とりあえずこの本を読まれると良いと思います。図が豊富で見やすく、簡潔な解説でわかりやすかったです。


ナイフ


全5話の短編集です。5話の内4話がいじめの話、残り1話が子育て夫婦の話です。どの話も面白かったですが、特に子育て夫婦の話が好きでした。


とんび


417ページの長編小説です。親子愛にしびれました。


イデア大全


イデアの出し方をまとめた本です。古今東西のあらゆるアイデアの出し方が書かれています。良いアイデアが浮かばなくて困っている方は、この本の中から手当たり次第に試してみると良いかもしれません。持っておいて損はしない本だと思います。人生を生きぬくためのアイデアもこれで思いつくかも…?

Unreal Engine4 ゲーム開発入門 インポートでエラーがでる

この書籍で利用するモデルデータ(fbx)を直接インポートしようとすると、エラーが出てきた。
f:id:gowalk:20170817170456p:plain

スムーシンググループがなんちゃらかんちゃら…


よくわからないけどBlenderを経由させると解決したので、メモを残しておきます。
Blenderとは→https://blender.jp/



まずBlenderを起動して、右上のアウトライナーにあるCubeを右クリック→削除を選択
f:id:gowalk:20170817170510p:plain


左上のファイル→インポート→FBXを選択
f:id:gowalk:20170817170522p:plain


モデルデータのあるフォルダへ移動→モデルデータをダブルクリックしてインポート
f:id:gowalk:20170817170537p:plain


左上のトランスフォームの拡大縮小を2回クリックして、左下に拡大縮小を表示させる
f:id:gowalk:20170817170552p:plain


X:Y:Z:にそれぞれ100を入力
f:id:gowalk:20170817170609p:plain


左上のファイル→エクスポート→FBXを選択
f:id:gowalk:20170817170620p:plain


保存させたいファイルへ移動→左下のFBXをエクスポート→バージョンをFBX 6.1 ASCII→スムージング:面を選択
f:id:gowalk:20170817170634p:plain


名前を入力してFBXをインポートを選択
f:id:gowalk:20170817170645p:plain


Unreal Engineに戻り、インポート→インポートしたモデルデータを選択→Skeletal Meshのチェックをはずす→インポートを選択
f:id:gowalk:20170817171729p:plain


これでエラーなしでインポート可能なはずです。初心者なので、エラーがなくなる理由はわかりません。あしからず。



参考にさせていただいたサイト
Blender で UE4 用 3D モデルを作って Import するまでに守るべきことまとめ | rarilog

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) 松尾 豊

とても人気らしいので読んでみました。

引用と感想

人工知能が人間を支配するなどという話は笑い話にすぎない。

いまの人工知能は、実力より期待感のほうがはるかに大きくなっている。


実際にできること、これからできそうなこと、これからできるかもしれないが夢物語のようなこと、がごっちゃになってしまっているのが現状だそうです。




〈レベル1〉単純な制御プログラムを「人工知能」と称している
エアコンや掃除機、洗濯機、最近では電動シェーバーに至るまで、世間には「人工知能」を名乗る商品があふれている。こういった技術は、「制御工学」や「システム工学」という名前ですでに長い歴史のある分野であり、これらを人工知能と称するのは、その分野の研究者や技術にも若干失礼だと思う。


〈レベル2〉古典的な人工知能
将棋のプログラムや掃除ロボット、あるいは質問に答える人工知能などが対応する。


〈レベル3〉機械学習を取り入れた人工知能
検索エンジンに内蔵されていたり、ビッグデータをもとに自動的に判断したりするような人工知能である。


〈レベル4〉ディープラーニングを取り入れた人工知能
機械学習をする際のデータを表すために使われる変数(特徴量と呼ばれる)自体を学習するもの。




言われたことだけをこなすレベル1はアルバイト、たくさんのルールを理解し判断するレベル2は一般社員、決められたチェック項目に従って業務をよくしていくレベル3は課長クラス、チェック項目まで自分で発見するレベル4がマネジャークラス、という言い方もできるだろうか。 みなさんも、ニュースや製品情報に出てくる「人工知能」や「AI」が、この4つのうちのどのレベルを指しているか、考えてみると面白いかもしれない。

この分類はとても分かりやすかったです。



囲碁は、将棋よりもさらに盤面の組み合わせが膨大になるので、人工知能が人間に追いつくにはまだしばらく時間がかかりそうだ。

2016年の3月に勝ちました。この予測は誤りだったようです。(この本の発売日は2015年3月)


iPhoneにはSiriという音声対話システムが入っている。その反応が面白いと話題になり、Siriに「愛している」「結婚して」と話しかける人が続出したが、イライザはテキストベースでもう50年も前にその原型を実現していたのだ。(もちろんSiriには、その後に脈々と続く対話システムの研究成果がたくさん取り入れられている。2000 年代、スタンフォード大学をはじめ、米国のたくさんの大学が連携したCALOというプロジェクトの成果がベースになっている。)


技術の雛形はあったけれど、最近になるまで一般人が利用することがなかったということですね。


民事裁判、特に離婚や相続でもめている案件については、情緒的な面を含めて、当事者の利害関係を調整するという面があり、人間が得意なところかもしれない。「あなたの主張が法廷で通る確率は5%だ」と機械に言われるよりも、人の顔を見て話して納得 したい人は少なくないはずだ。

やはり、人とのコミュニケーションの部分は人工知能で代替するのが難しい分野のようです。あと、「非常に大局的でサンプル数の少ない、難しい判断を伴う業務」(経営者や事業の責任者)の仕事も人工知能には難しいようです。



シンギュラリティで議論されているような「真に自己を設計できる人工知能」の実現は遠く、現在のところ、その糸口さえもつかめていない。それが技術の現状である。


シンギュラリティに悩むくらいなら、日々の生活の不安に悩むほうがよさそうです。

そもそも、シンギュラリティは本当に来るのでしょうか。仮に来たとしても困るのは人間だけだと思うので、私にはどうでもいいです。人間が滅びて困るのは人間だけですから。私は人間が永く生き延びてほしいという願いがないので、シンギュラリティの話に興味がわきません。




YouTubeに著者の講演があったので貼っておきます

【SoftBank World 2016】 人工知能は人間を超えるか 松尾 豊 氏

現在使用されている人工知能は、これまでの技術の積み重ねでできている

ディープラーニングの分野は大きな可能性を秘めている。投資対象である。

最後に


人工知能の、現状と理想と課題について理解が深まる本でした。ためになりました。

















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ