失敗のパターン

ある日、ふと、自分の大学受験のことを思い返したので、書いてみます。



大学受験の思い出

私の大学受験の結果は散々だった。いくつも大学をうけたけれど、ことごとく落ちた。受かったのは私立大学1校だけ。浪人しようか考えたけど、親の反応を見てやめた。


受験勉強はそれなりにした。元々勉強をしないタイプだったので、家で勉強をすることに慣れるまでとても時間がかかった。初めて家でまともに勉強をしたのは、高校2年生の冬の定期テストだった。それまでは家で勉強をすることなんてほとんどなかった。中学は塾に通っていたので塾で勉強をしていたけれど、高校に入る段階で辞めたので、高校生の私は全く勉強をしない人間になっていた。


学校の成績はもちろん悪かった。1年生の終わりごろ、数学の実力テストで5点を取った(100点満点のテストではなく200点満点のテスト)。理系志望なのに、文系志望の同級生よりも数学の成績が悪かった。でも、特に気にしていなかった。「成績をよくするために勉強しよう」なんて考えなかった。その時期は部活のことしか考えていなくて、勉強なんてどうでもよかった。テストの点数に興味がなかった。


しかし、高校2年生の秋に、ある考えがよぎった。「このまま勉強しないでいいのだろうか?」


一応大学進学を目指していたので、受験をしなければいけない。このままで大丈夫なのだろうか?これまで勉強してこなかったけれど、真面目に勉強したとしても良い点は取れるのだろうか?


勉強に対して真面目に向き合ったことがなかったので、一度真剣に勉強してみようと思った。目標を「冬の定期テストで良い点を取る」ことに設定した。


とはいえ、これまで家で勉強してこなかったので、勉強を始めるまでに時間がかかった。初めはすべての科目を勉強して定期テストで良い点を取ろうと考えたが、甘かった。まったく手につかない、集中できない、何をすればいいのかもわからない。


「理系なので、数学だけは何とかしないと…」と思って、全科目の勉強はあきらめて、数学だけを勉強した(数学だけは勉強できた)。




定期テストの結果はまずまずだった。これまでの自分の成績からすると、かなり良い点が取れた。「勉強すれば良い点がとれる」という成功体験になった。これを糧にして、大学受験に向けて勉強していこうという気持ちになった。


でも、行動に結びつかなかった。相変わらず、勉強しない日が続いた。


春休みに入る…高校3年生に進級する…高校総体が終わり部活を引退する…夏休みに入る…、勉強しなければいけないという気持ちだけはあったけれど、勉強しなかった(勉強できなかった)。


そして、高校3年生の秋ごろ突然やる気スイッチが入った。突然勉強できるようになった。
f:id:gowalk:20170719214731p:plain
理由はわからないけれど、とにかく勉強するようになった(勉強できるようになった)。休日はそれほど勉強できなかったけれど、平日は勉強しかしない生活になった。


朝起きて学校へ行って勉強して、家へ帰って勉強して寝る。テレビは見ない、携帯電話はさわらない、ゲームはしない、マンガは読まない、教科書と参考書を読んで問題集を解く。平日はこんな生活だった。センター試験本番までこんな生活を続けた。この期間(およそ3か月間)は、自分の人生の中で最も努力した期間だったと思う。




センター試験は予想通りの点数だった。このままいけば志望校に受かるだろうという気持ちだった。


しかし、ここから勉強しなくなった(勉強できなくなった)。


大学の入試問題を見ても、何が何だかわからない。解けない。どうやって勉強すればいいのかわからなくなってしまい、勉強が手につかなくなった。


センター試験が終わると学校の授業は補講だけになり、卒業までほぼ休日のような状態になるので、学校へ行く機会も減った。これも、私を勉強から遠ざけることに拍車をかけた。


そして、落ちた。ことごとく、落ちた。志望校は全然ダメだった。ありがたいことに私立大学に1校受かったので、浪人をせずに進学した。浪人したい気持ちもあったけれど、親の反応を見てやめた。


これが私の大学受験の思い出です。どこにでもある、よくある思い出です。そして私が本当に書きたいことはここからです。なぜ大学に落ちたのか?


失敗の理由

私が大学受験の思い出を書いたのは、この「失敗の理由」について書きたかったからです。そして、私がこれまで考えることをしていなかった(考えることを避けていた)テーマを真剣に考えようと思ったからでもあります。このことに向き合って、自分の人生について改めて考えてみたいと思いました。


私が大学受験で失敗した理由は「助けを求めなかった」からです。これが失敗の理由です。


私は勉強が手につかないことを誰にも言いませんでした。問題が理解できないこと、解答が理解できないこと、どうやって勉強すればいいかわからないこと、疑問に思うことを誰にも言いませんでしたし、言えませんでした。先生・親・友達の誰にも相談しませんでした。


私が思うに、これがすべての理由です。「人に相談できない」


おそらく、私はこれまでも同じ理由で失敗してきました。そして、これからも同じ理由で失敗すると思います。だからこそ、今ここに書いておきたいと思いました。この失敗のパターンから抜け出すことができれば、私の人生を少しずつ改善していけると考えたからです。


人が何かに失敗するときはパターンがある。これは個人差があって、その人の思考のクセや行動のクセが原因になっている。私の場合「困ったことがおきても人に相談しないで自分で解決する」というルールがある。この考え方が私の失敗するパターンになっている。


「自分で解決する」というのは立派です。安易に人に頼らないので、自立しやすくなります。成長しやすくなります。しかし、行き過ぎると独りよがりになって自滅してしまいます。


私は、勉強ができなかった=学力が低かった=偏差値が低かったから=試験の点数が低かったから大学受験で失敗しました。しかし、誰かに助けを求めていれば違った結果になったかもしれません。先生にわからない問題を聞きに行く、親と相談して塾に通わせてもらったり家庭教師をつけてもらう、友達にどうやって勉強しているのかを聞く、この中の1つでも実行していれば、結果が変わった可能性があります。


もちろん「そんなことをしても結果は変わらなかった」可能性もあります。しかし、実行していたほうが成功確率は上がりました。間違いなく上がりました。やらないよりも、やるほうが圧倒的に良いです。結果が変わらなかった可能性は十分にありますが、「実行しないより実行したほうがよかった」のは間違いないです。


なぜ実行できなかったのか。これは私が「人に相談できない」性格だからです。この行動をし続けている限り、将来もこのパターンで失敗し続けることが予測できます。


問題なのは大学受験に落ちたことではなく、大学受験に受かるための行動を自分で制限してしまっていたことです。これは勉強に限らず、人生の様々な場面で影響します。


この行動パターンを変えるのは簡単ではありません。この行動パターンは、幼いころからの生活習慣で出来上がったものであり、これまでの人生で育まれてきたものだからです。一朝一夕では変わりません。


でも、私はこれを変えたい。この行動パターンを変えなければ同じ失敗を繰り返してしまうからです。同じ失敗を繰り返すのは嫌です。小さな変化でいいから少しずつ変えていきたい。同じ失敗を減らしたい。改善したい。困ったときに誰かに助けを求められるような性格になりたい。


この「改善したほうが良い行動パターン」は、誰しも持っているのではないでしょうか。


ついつい物を買ってしまう、食べ過ぎてしまう、いらないことを言ってしまう、極端なネガティブ・ポジティブ思考、計画性がない、人の話を聞かない、すぐに怒ってしまうなどなど…。


日常生活に支障をきたしていなければ問題ないと思いますが、人生に大きく影響を及ぼす場面(進学・就職・結婚・転職など)でこの行動パターンが発生すると、人生を悪い方向へ導いていってしまう可能性があります。これはとても好ましくありません。


私はこれまでの人生で「人に相談しなかった」ことが、人生に大きな影響を与えている可能性が高いことに気づきました。

f:id:gowalk:20170719220829p:plain

今更気づいたの?と呆れてしまうかもしれません。確かにその通りだと思います。


私は、「本当は気づいていたけど気づかないふりをしていた」のだと思います。この行動パターンが人生に悪影響を与えていても、知らんぷりしていました。なぜなら、これを改善することはとても大変なことだからです。自分の性格の欠点を変える努力は、精神的に厳しいです。自分を否定することになるからです。高確率で心が傷つきます。


でも、今の私はこのことに向き合うべきだと思いました。この行動パターンを改善しようとしない限り、今の現状から脱することはできないと思いました。なので、少しでも改善の役に立つように、戒めのために、この記事を書きました。


20年以上もこの行動パターンで生きてきたので、改善するのはとても難しいと思います。改善するのに20年以上かかるかもしれませんし、一生改善しないかもしれません。でも、改善しようという心がけを忘れないようにしたいです。心が傷つく覚悟で自分の欠点と向き合っていこうと思います。


こんな独りよがりな文章を読んでいただいてありがとうございました。ブログの更新がしばらく止まっていましたが、私は元気です。

広告を非表示にする















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ