個人的 朝井リョウ小説ランキング

朝井リョウ氏の小説を勝手に順位付けしました。

1位 何者

現代の大学生の就活を描いた直木賞受賞作品です。1番好きです。

だから、俺は絶対に言ってやらない。

2位 もういちど生まれる

5人の若者を描いた短編集です。個人的にかなり好きな作品でした。気持ちはすれ違うものですよね。

もういちど生まれたみたいだった

3位 スペードの3

女性の意地悪さとそれに伴う社会的評価を描いた作品でした。黒い感情が渦巻く女性の人間関係は恐ろしいですね。

これは呪いだ。

4位 星やどりの声

父親を亡くした7人家族の話です。家族愛がひしひしと伝わってきて、心を揺さぶられました。

その人に消火器とか向けだしてホントもう意味わかんない

5位 世界地図の下書き

施設で暮らす子供たちの話です。この話はいじめがテーマになっていて、読んでいてつらくなるシーンが多くありました。現実と希望について考えさせられる作品でした。アニメ化されたらいいなと勝手に思いました。坪田譲治文学賞受賞作品です。

ユーレイみたいなんよ

6位 武道館

アイドルの恋愛を描いた作品です。アイドルの内情を描いていて面白かったですが、実際のアイドルはもっとドロドロしていて複雑だと思います。

私は、何も変わっていないんです

7位 ままならないから私とあなた

ままならない人間を描いた作品です。感情を揺さぶられるストーリーで楽しめましたが、内容はそこまで深くないかなと感じました。

今の世界にずっといられるかどうかなんて、誰にもわかんない

8位 チア男子!!

チアリーディングをする男子大学生の物語です。この本を読むまで、男性がチアリーディングをする文化があることを知りませんでした。「男子チアリーディング」という題材で作品を書くのはとても大変だったと思います。キラキラした青春ものが好きな方にオススメです。

世界で一番美しい形で土下座をしていた。

9位 桐島、部活やめるってよ

よくわからない…。文学って感じ?カーテンの描写が印象に残りました。すばる新人賞受賞作品です。

10位 少女は卒業しない

どこもかしこもリア充ばかり。全然面白くありませんでした。7名の少女の恋愛物語を描いた短編集なのですが、私には合いませんでした。女性が読むと面白いのかもしれません。

返したら、もう、終わりなんですよね

番外編 時をかけるゆとり

著者のエッセイ集です。面白いです。リア充です。

エンジョイ♪




新しい作品を読み終わり次第追加していきます。

広告を非表示にする















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ