ゲームばっかりして…と言う母親

ある日、家の近くで誰かが「息子がゲームばっかりして…」と言っていました。おそらく、この母親の息子さんはゲームばっかりしているのでしょう。



親が怒ってもゲームをやめない。宿題もしないでゲームばっかりしている。言うことを聞かない。勉強をしないでいいのだろうか。友達と外で遊ばないのだろうか。将来は大丈夫なのか。就職はできるだろうか。堕落した大人にならないだろうか。結婚はできるだろうか。孫の顔が見たい。



たった一言の中に、多くの想いが込められています。



私もゲームばっかりする息子でした。宿題もしないでゲームばっかりしていました。



将来どうなったかというと……







ブログタイトルに書いてあるとおりです。\(^o^)/


ただし、現在はこんな状況ですが、それまでは比較的平凡な人生だったと思います。これまでの人生で特筆すべきことはないですが、特筆すべきことがないということは、平凡な人生だったと言えます。



地方出身で、家から近い公立中学校へ通い、公立高校へ通い、賢くもなく馬鹿でもない平凡な大学へ進学しました。遅刻はよくしていましたが、学校を休むことはあまりなく、普通に通っていました。普通に卒業しました。仮にゲームをやっていなかったとしても、この人生は変わらなかったでしょう。




"ゲームをすると将来が悪くなる"



この主張は間違ってます。たしかに、ゲームばっかりしていてひきこもりになるのは問題です。大学へ進学したけれど、オンラインゲームにハマって卒業できなくなるのも問題です。ゲームばっかりしていて就職できなくなるのも問題です。



しかしそれは、ゲームをすることが悪いのではなく、本人の精神の問題であり、社会のルールの問題です。ゲームばっかりしていることで社会不適合者になることが問題なのです。



ゲームをしているからといって、ダメ人間になるとは限りません。そもそも日本のゲーム人口は4468万人います。日本に住む人の1/3はゲームをしています。
2015年の国内・海外のゲーム市場動向を調査した『ファミ通ゲーム白書2016』が6月15日に発刊 - ファミ通.com




ゲーム依存に陥るのは問題ですが、ゲームをするとストレス解消になります。
科学が証明する「ゲームのストレス軽減効果」 | ライフハッカー[日本版]




ゲームは悪いものではなく、良いものです。ゲームばっかりしている息子さんは、ストレスが重なっているのではないでしょうか。自由にやらせてあげたらいいと思います。




ひきこもりの主張でした。
f:id:gowalk:20170109154921p:plain

広告を非表示にする















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ