読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ニートがひらく幸福社会ニッポン」(明石書店)二神能基

ひきこもり ニート


面白かったです。


著者は、ニュースタート事務局というニート支援のNPO法人の代表です。この本は活動の中で出会ってきた若者の姿をまとめたものです。


まとめと感想

 上昇志向も物欲もないニートこそが、21世紀に順応した進化した価値観を持っている。ニート問題と思っていたものは、資本主義の発展の必然から生まれた進化系の現象である。21世紀の社会を20世紀の価値観で生きていこうとすれば、壁にぶつかるのは当たり前だ。問題なのは、経済的上昇にこだわり若者の現状を「やる気がないダメな奴」と考える、わたしたちの世代の方なのだ。

41p


物欲がないというか、お金がないのだと思います。あと、「企業の宣伝に促されて無駄な物を買う人」が減ったからだと思います。


私も物欲がないと家族からよく言われていました。親にコレを買ってほしいと頼んだのは小学2年生以降ないです。でも、それは物欲がないのではなく、お金がないのに物をねだってはいけないという考えがあったからで、物欲がなかったからではないです。欲しいゲームはたくさんありました。


上昇志向がないのは、努力しても上昇できないからでは?努力が報われる場があれば努力すると思います。


そういう場でも努力しない人は、もともとそういう気質なのだと思います。昔から仕事で手を抜く人はいたのではないでしょうか。


そういう人が堂々と生きていける社会に変わったのだと思います。



 若者自身も、父親のような働き方に違和感を持っていても、代わりに目指すモデルも見あたらず、自分の気持ちを整理しきれないでいる。時には父のようになれない自分が悪いのではと考えてしまう。そこに時代の流れからくる価値観の根元的な変化があるとは、気付いていない。そのゆらぎが子供の幼さに見えて、余計に親は自分の意見を押しつけようとしてしまう。

68p

「自立なんかする必要はない」

「他人ともたれ合っていきろ」

「人生に目的なんか必要ない。ただの人として楽しく生きろ」

180p


この3つの言葉にすべてがこめられている気がしました。



本のはじめに古市憲寿氏のことに触れていましたが、古市さんはニートではないし、大学院に所属しながら働いているし、それなりに金持ちなので、ニートの話をするときに古市さんの話を出すのはしっくりきませんでした。古市さんは同年代の代表ではあると思いますけど、ニートの代表ではないです。



本の中には、元ひきこもりの方の話もいくつか出てきました。とても参考になりました。ありがとうございます。


とても面白かったので、著者の別の本も読んでみようと思いました。


最後に


ニートはこの本を絶対読むべき


「現代語訳 般若心経」(ちくま新書)玄侑宗久

思想

 ちなみに日本では、「般若」というとあの角の生えたお面を想いだす方も多いかと思うが、あれは女性の嫉妬の究極を表したお面で智慧とは何の関係もない。ただあのお面を得意とした彫り師が般若坊という名前であったため、「般若のお面」と呼ばれたに過ぎない。ゆめゆめ混同しないでいただきたい。

13,14p


知らなかった…。あれは女性の嫉妬を表現していたのですね。



 諸法すなわちあらゆる現象は「空相」であって、それは生じたり滅したりもしないし、垢がついたり浄らかであったりもしないし、増えたり減ったりもしない、ということでしたね。

77p

 どのポイントを「生」とし、どのポイントを「滅」とするのか、またどこ以上を「浄」とし、どこ以下を「垢」とするのか。「増」と「滅」は傾きで明らかかもしれませんが、連続している以上その分岐点は明確にできないはずです。また実際はうねりが無数に交錯していますから、一つのうねりを取り出すことじたい、すでに全体性ではありません。
 しかし脳は、こうしたはっきりした概念の物差しで単純化して事態を把握したがる、ということなのです。
 「わかる」というのは「分ける」ことによって成り立ちます。
 分けられない「空」を、わかるように分けて固定化したのが「色」です。

78p

 色は空に異ならず、空は色に異ならず、しかも色即是空で空即是色なのだと、私は申し上げたはずです。これ、ご理解いただけたでしょうね。
 要するに全ての現象には「自性」というものがなく、「縁起」のなかに発生する流動的事態。「諸行無常」で「諸法無我」だからこそ、実相は常に私たちの脳の認識である「色」を超える。そういうことだったと思います。
 「色」という物質的現象が、いかに本質においては「空」であるか、それはくどいほど申し上げました。だから「色即是空」です。
 しかし、それでも、本質が「空」であるからこそ物事は変化して関係を持ち得る。しかも、だからこそ「縁起」のなかで「色」として発現できる。それが、「空即是色」ですね。
 だから「空は色に異ならず」。「空性」と「顕現」は別物ではなく、また「色は空に異ならず」。「顕現」を支えているのも「空」なのだと申し上げたはずです。
 つまり、私は、「空」というのは「いのち」のまま、「色」というのはそれに脳が手心を加えた現象なのだと申し上げてきたつもりです。いや、脳というより、「私」と云うほうが正確ですね。

153,154p


なんとなくわかりました。すべては空なのですね。ほとんどの人は空を理解できないので、理解しやすくするために色をつけて分けている。なので、色即是空である。色はそもそも空である。


全体を理解する=空を理解する


空は本来分けられないものだが、脳が理解するために色として分けている。色に悩むのが人間。



 だって「恐怖」も「私」が感じていたのですから当たり前ですね。自分の都合を第一に考え、概念で念入りにでっちあげた「私」が勝手に「恐怖」を感じたり「死にたい」と思ったりする。本当に人間の脳って厄介ですね。しかしそんな「私」の思いを真に受けて、本当に自殺したりするんですから笑ってもいられませんね。
 死にたいと思ったら、ビルから飛び降りるとか電車に飛び込むとか、あまり確実な方法を選ばずに、一度水にでも飛び込んでみればいいと思いますよ。すぐにわかるはずですよ。死にたい「私」に関係なく、「からだ」は藻掻くでしょ。「死にたい」なんて思ってたのは「私」だけだった、脳細胞の一部だけで、ほかの細胞はみんな生きたがっていたって、すぐに判明してしまいますよ。
 だからこの「私」を「いのち」そのものと錯覚したり、あるいは「私」の思いで「いのち」や「からだ」を支配しようというのが、一番困った勘違いなんです。難しい言葉で云うと「顚倒夢想」ですね。

159,160p


自殺未遂のすすめ…?


私も死にたくなったら海にでも行こうと思います。仮に死ぬとしたら、死体の処理に手間がかからない方法を考えてから死にたいですね。


感想


死ぬ間際になったら宗教にでも頼ろうかなと考えていますが、私は今のところ死にそうにないので、宗教は必要ないです。成人してから神様を信じられなくなったので、初詣とかも行かなくなりました。お墓参りは仕方なくやってます。(本当は面倒くさい)


般若心経のなかに「この咒文は世の一切の苦悩を取り除くことにおいて、まさしく真実であるし、一点の虚妄もないのである。」という文章がありました。




本当か?


「MAKERS」(NHK出版)クリス・アンダーソン 関美和

科学・テクノロジー


気になったところをまとめます

  • 昔は発明家とされていたような人間が、今は起業家になる時代に変わった。
  • ゼロから発明しなくても、他者の成果の上に自分の成果を積み重ねることで、数十年かかることを数ヶ月で成し遂げられる。
  • 特許を取るかわりに設計図をオンラインで公開すればよい。
  • 大企業に頼まなくても、自分で製品を作れるようになった。
  • 消費者は、自分が創造に手を貸したと感じる製品をより高く評価する傾向がある。
  • 産業革命が生み出したのは、何にも増して長時間の余暇であり、それが近代を象徴するほぼすべてのものの発明につながった。
  • 3D印刷やその他デジタル製造技術は1000個作るのも1個作るのも単位当たりのコストに違いはない。逆に、射出成形は生産数が増えるごとに単位当たりのコストは減る。
  • 自分たちと小売業者の両方にそれぞれ50%の利益を確保しようと思えば、少なくともかかったコストの2.3倍の価格をつける必要がある。


感想


本は面白かったです。


将来起業したい人とか、ものづくりが好きな人はこれを自己啓発本的に使えるかもしれません。ものづくりでどうすれば成功できるかの道筋が書いてあります。やる気を出させてくれます。



本では3Dプリンターの革命が起こると主張していましたが、私はあまり信じていません。中国で作った大量生産品が安くてすぐ手に入るのに、わざわざ3Dプリンターを買って、高くて粗末な作品を作りたいと思うでしょうか。下手な手作りより安い既製品のほうが良いと思うのですが…。


このニュースを見ると、3Dプリンターの販売数は減少しているようです。プロ向けは増加するという予測ですけど、どうなるのかなぁ。http://news.mynavi.jp/articles/2016/07/29/idc_3dprinter/


プロトタイプを作るメーカーは、プロトタイプを作るメーカーとして成長して、市場を独占するようになると思います。


3Dプリンターを使ってプロトタイプを作るよりも、技術力のある企業に頼むほうが安くて信頼できるプロトタイプを作れると思います。


3Dプリンターを使いたい人は、あくまで個人の趣味の範囲におさまるだろうと思っています。



本を読んでいて思ったのは、英語は必ず必要だということです。「インターネットで優秀な中国人を見つけた」という話があったのですが、これは英語ができる中国人だからできたことであって、中国語しかできない中国人では見つからなかっただろうと思いました。最近流行ったPPAPも英語だったからブレイクしました。


翻訳が進化して、母国語でも問題のない時代がもうすぐ来るのかもしれませんが、英語が世界の共通語であることは間違いないです。英語は必須です。



最後に


アメリカのイノベーションだけが世界の全てだとは思いませんが、影響力が大きいのは間違いありません。最後のソフトの説明は参考になりました。機会があれば使ってみようと思います。


「現代語訳 学問のすすめ」(ちくま新書)福澤諭吉 齋藤孝 を読んだ感想その17

学問のすすめ

 人間が世の中を渡っていくようすを見てみると、自分で思っているよりも案外悪いことをし、自分で思っているよりも案外愚かなことをし、自分で目指しているよりも案外成功しないものである。

176p


ネガティブのすすめ


これくらいの心構えで生きていくほうが楽かもしれません。



 また、人の性質には、賢い・愚か・強い・弱いの区別があるが、それにしても、まさか自分を動物以下の知能の持ち主と思う者はいないだろう。だから、世の中にあるさまざまな仕事を見分けて、これだったら自分でもできると思って、自分相応にその仕事を引き受けるのだ。けれども、実際にやってみると、思いのほかミスも多く出て、最初の目標を誤り、世間にも笑われて、自分でも後悔することが多い。

177p


仕事だけでなく、人生もこのようなものなのかもしれません。自分でやってみて後悔する。



 田舎の書生で、故郷を出るとき「苦しい思いをしてでも三年の内には学問を修めよう」と思っていた者が、その誓いを守れるだろうか。無理な算段をしてまで買った待望の原書を、「三ヶ月以内に読破する」と思っていた者が、果たしてそのとおりにできるだろうか。志の高いインテリが、「私が政府で仕事をすれば、この事務はこのようにし、あの改革はあのように処理して、半年の間に政府をガラリと変えてみせる」と考えて、再三意見を出した後、ようやく念願かなって政府仕えになったとき、果たして考えていたとおりにできるだろうか。「おれに大金があったら、明日にでも日本全国に漏れなく学校を作って、どんな家の人間でも学問させてやるのになあ」という貧乏学生を、今日、いい縁があったということで三井や鴻池といった大財閥の養子にすれば、果たして言ったとおりのことをやってくれるだろうか。
 この類の夢想は枚挙に暇がない。すべて、物事の難易度と時間の長短を比較できていない結果だ。時間の計算は甘すぎるし、物事を簡単に見すぎている。

179p


物事を批判するときに、「自分だったらできる」と言っている人は基本的に信用できません。そういうことを言う人は、言うだけで何もできない人です。理想がある人ほど、言う前に行動している気がします。


私は、高い目標を持っても達成できないと思っているので、目標を設定するときはとても低い目標を設定します。


例えば「ブログを毎日書く」という目標は、難しいので設定しません。するなら「ブログを書く」という目標を設定します。ブログを一文字でも書けたら、目標達成です。これくらいがいいです。


今のところブログは毎日更新していますが、いつやめてもかまわないと思っています。いつやめてもかまわないと思っているからこそ、続けることができているのだと思っています。



仕事はノルマとかかせられますよね…。達成できなくてクビになるレベルのものではないにしろ、ノルマをかせられるのは精神的に負担が大きくて嫌になります…。


目標とか嫌い。





gowalk.hatenablog.com

「夜は短し歩けよ乙女」(角川文庫)森見登美彦

小説 恋愛

Kindleでセールをしていたので買いました。アニメ化されるということで、今話題になっているようです。




あらすじ

後輩である少女に恋をしている「私」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、なるべくその目に留まろうとしている。しかしその彼女はなかなか「私」の想いに気づいてくれない。2人は奇妙な人物に出会い、奇抜な事件に巻き込まれてしまう。恋愛ファンタジー。

wikipediaより引用


感想


純粋な恋愛ストーリーかと思いきや、片思いをこじらせた主人公が、好きな女の子をストーカーするという話でした。Σ(゚Д゚)


ストーカーといってもバレないように後ろから尾行するということではなく、偶然を装って女の子とばったり会うことを夢見て外を出歩くという意味です。アプローチしたいけれどできないシャイな男性が描かれています。


これを現実でされたら女性はどう思うのでしょうか?とても気になりました。


仮に私がこれをされたら、相手のことを半ストーカーだと認識します。実害がない限りは放っておくと思いますが、ややこしい感情になることは間違いないです。でも、この程度のストーカーなら気づかないかも?


人によってはストーカーだと思わないで、好きになるパターンもあるかもしれません。※



もう一人の主人公である片思いされている彼女は、とてもたくましい人間でした。酒豪で病気に強い、誰に対しても優しい、演技が上手い、心が純粋。妄想でしか存在しないような人間です。


こんな人間は世の中にいないと思います。この小説は恋愛ファンタジーですが、彼女の存在自体がファンタジーだと思いました。非の打ち所のない人間とはこのような人物を言うのでしょう。




 涼み台のそばには、背の低い学生が一人立っている。四角の黒縁眼鏡をかけ、顔も四角であり、足もとに置いてある重そうなジュラルミンケースも四角であった。どこまでも角張ることが彼の信条であるらしい。

No.1185


は、読んでいて笑いました(笑)。どこまでも角張ることが信条w


この小説は、このようなクスッとくる文章がところどころに出てきます。この小説の魅力ですね。


あと、著者の別作品である「四畳半神話大系」と同じ登場人物が出てきました。これもこの小説の魅力だと思います。




最後に


ファンタジー恋愛小説なので、なんでもありだなという印象のストーリーでした。つまらないということはないですが、面白いというほどでもなかったです。個人的には四畳半神話大系のほうが面白かったです。



私にも竜巻こないかな



















ブログ訪問ありがとうございます(=゚ω゚)ノ